• SELECT MENU

2018.04.27

アプリカードのサイズは?~新旧サイズで惑わされた話~

KOKI MAGATANI
[DIRECTOR]
右投げ右打ち
定位置レフト

ほい!
ディレクターやっております曲谷です。

今回はTwitter広告のお話です。
特別な申請もなく、Twitterのアカウントを持っていれば、プロモーションツイートを出稿できる機能ですね。

我々も、モーニングコールアプリ「OKOS」の、宣伝用に度々利用させていただいております。

このTwitter広告、予算や期間の設定、ツイートクリエイティブの作成・保管など、
あらゆることが管理画面にて全て完結するという点で、かなりの手軽さを実現しています。

しかし、細部まで至れり尽くせり、、とまではいかず、
あら探しをすればいくらでも「あら」が見つかるような画面設計となっており、(不満を述べているわけではなく!)
運用していく中で急に壁にぶち当たることが多々ありますので、今回はその事例の一つをご紹介します。

 

1. カードって何だ

Twitterの広告マネージャーで作成できるクリエイティブの一つに、カードというものがあります。

こんな感じ(↓)で画像をタップするとリンクに飛ぶプロモーションツイートをよく見ると思いますが、
この画像と下のところの文言とURLをセットにしたものがカードと呼ばれます。

 

画像領域までリンクのクリック範囲が広がるので、クリック率の増加が見込めることと、
個人的にはツイートの見栄えがシンプル&スッキリすることが何よりも大きなメリットだと思っています。

2. カードに設定できる画像のサイズは決まっている。

カード使用する画像はのアスペクト比は1.91:1もしくは1:1と定められています。(2018年4月現在)
解像度で言うと800×418 or 800×800となります。
これに当てはまらない場合はトリミングの必要があります。
参考:https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/advertiser-card-specifications.html

ただし!

一昔前は、800×320(2.5:1)という解像度が推奨されていたようです。(そして最近まで許容されていたようです。)
実際に、OKOSで2017年7月27日に配信したこのツイートは800×320の画像が用いられています。(少し横に長いですね。)

つまり、推奨サイズが変更されたわけなのですが、その後も昔の名残が残っていて、これが僕を惑わせたのです…。

3. 管理画面にも名残が!

キャンペーン編集画面のクリエイティブを選択する際、アプリカードのプレビューすると下が切れてしまいます。

そして、推奨メディアサイズは800×320ピクセルと記載されています。
※アプリカードの場合です。ウェブサイトカードは正常

まさにこれらがカード推奨サイズが変更された名残で、800×320時代に用意されたものを変更していないのでしょう。

右下に「クリエイティブのプレビューはおおよその外観です。」と一応言い訳などしてありますが、
これに気づいた当時、私かなり混乱させられまして、、混乱を再現してみます。

当時の私
「あれ!?画像の下が切れている!こんな状態で広告配信されてしまっては困る!
なのに、800×320ではカードにクリエイティブが登録できない!」

困った私は、Twitter社に以下のような質問を投げました。


「おたくの指定通り800×418で画像を作ったのに下が切れるじゃないか!
でも800×320の規格で作ると登録できない!どうすればいいんだ!」
※質問文はニュアンスです。

→→回答
2017/10/18 (水) 18:50
『アプリカードをキャンペーンUIで作成いただくと、Web上のプレビューではクロップが施される仕様となっております。
スペック通りにカードを作成いただきますと、携帯電話にてクロップが発生することはございません。』
※こちらは実際の返答です。


「(携帯電話…?)。まあ、プレビューが狂ってるってだけね。」

聞いてよかった。
というか聞かないとわからん!

アプリカードのツイートプレビューで下部が切れてしまうのは、
今のところ仕様のようです。気にしないようにしましょう。

4. また問い合わせた

これも最近の話ですが、広告用カードに正方形の画像も使用できるようになった!
との記事を発見したので、
参考:http://unyoo.jp/2017/06/update-twitter-websitecard-square-size/

試してみようと思い立ったのですが、
選択肢が、、ない、、?

 

先の経験から、こういうときは聞いてみるのが大事ですね!?
ということで、Twitter社に問い合わせた所、、


「カードで正方形の画像使えるって聞いたんですけど、選択肢がありません!どうすればいいんですか!」
※ニュアンスです。

→→回答
2018/02/05 (月) 18:32
『お客様のアカウント (ID: 〇〇〇〇) 上で正方形カードの機能を有効にさせて頂きましたので、今程よりご利用していただけます。』


「え、申告制だった…。」

5. まとめ

私のように惑わされたTwitter広告運用者はが少なからずいると思います。笑

Twitter広告はある程度の頻度で仕様の変更があるにもかかわらず、
管理画面が追いついていないようなことが、しばしば起こりますので。

そして、ググって解決!しようとしても、なかなかクリティカルな検索ワードが思いつかないことが多く、
同じ現象に直面してる人にたどり着くのは難しいのです。

なので、Twitter広告を利用する際になにか困ったときは、愚直に問い合わせてみましょう。

基本的に、質問から1営業日で返信してもらえます。

 

glasses

[131]

ソーシャルメディア

© 2017 Contents Co.,Ltd.